上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.09 フリーガン
日本は毎日2000万トンの食べ物を捨てているという報道を見ました。
それだけあれば、世界で飢餓に苦しむ人たちの
どれくらいを救えるのかなどと矛盾に怒りを感じたりして、
便利さやモノの豊富さを良しとする日本人の文化も
真剣に見直される時期かな、と思ったりしました。

日本は個人レベルでゴミを減らすことや、
リサイクルなどをずいぶん奨励していますが
そもそもゴミを出さないパッケージングを考える、
というような根本的な動きを企業・政府がまったく
やっていないので、ゴミは増える一方です。

お正月の間にたまるゴミの多さといったら、
すごいですものね。

私のマンションも、ご多分にもれず超ウルトラスーパーヘビー級のゴミの量でした。
さすがに写メもしたくない・・・

アメリカではなんと!
廃棄されたものしか食べない「フリーガン」と呼ばれる人たちがいるそうです。
フリーガンとはフリー+ベーガン。
ベーガンとはご存知の通りベジタリアンの厳しいもので、卵や牛乳も食べない人たち。
でもフリーは? それは「食べ物にお金を払わない主義」という意味。
071006_03[1]

彼らは貧しいのではなく「食品がもったいない」とゴミ箱から調達し食しているのです。
最初彼らは環境保護などの面で
非倫理的な企業の製品の不買運動などを行っていたようですが、
問題は社会の成り立ちそのものにあると考え、
次第に経済システムをボイコットするようになったんだとか。

ものを一切買わず、ゴミ収集日前に街を歩き回って拾ったり、
人からもらったりするフリーガン。
多くのフリーガンは普通に仕事をしており、ホームレスではありません。
食費が浮く分、NPOの活動にまわしたり、寄付したり
貯金して環境にやさしい生活を送るための費用にあてたりしているそうです。
                             071006_01[1]

今後日本にも出てくるのでしょうか?
フリーガン
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://19730807.blog102.fc2.com/tb.php/205-3ce8ee6b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。