上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.30


スポンサーサイト
2011.10.26 木枯らし一号
090129VivaLaVida-Frida-Kahlo[1]

こんばんは。
最近、心底ご無沙汰しておりますスキーヤー章子でございます。
こちらは元気です、みなさんはお元気でしょうか!

今年も残すところあと少しとなりました。
本日木枯らし一号も吹いたようです。

どうぞ風邪など召しませぬよう、ご自愛くださいませ。

で、またまたスイカです。
この緑と赤のコントラストがクリスマスっぽくて(笑)
ハロウィン前ではありますが、元気が出るよう、載せてみました。

それと、ゾウと少年もあなたに。
大自然と信頼。
足りてますか~?

f0089299_0531481[1]

最後に。
冬に入る前に聞きたい曲。

Coldplay - Viva La Vida



Be Happy!!
来年やってみたいこと。

スイカのハリネズミ。
大勢で食べるときにチャレンジしてみようと思います。

f0089299_1202629[1]

2011.10.17 SPIRIT OF LOVE



涙にも  翳りの見えない
輝きを  その胸に

あざやかな 仮初めの光に
捉われずいる限り

One day you will find
The spirit of love will always guide you
いとしさから 今はじめよう

哀しみと歓びの波間に
流されない 夢を抱く

剣しさも 頬笑みの欠片に
いつの日か続いてく

The spirit of love
Will come and completely over take you
空が少し近づいてくる
超えるときが来る
One day you will find
The spirit of love will always guide you
心だけが永遠を知る

Release your light
Unchain your heart
振り返らないで 両手につかむまで
Life reveals the way
You'll receive the signs
受け取るのは
When you recognize
What love has given you

The spirit of love
Will come and completely overtake you
いとしさから 今はじめよう
全て過去になる
One day you will find
The spirit of love will always guide you
空がもっと近づいてくる
飛び越えてみせると
The spirit of love
Will come and completely overtake you
顔を上げて 倖せだと
言えるその日まで
One day you will find
The spirit of love will always guide you
心だけに希望がある

It's only our love
悲しい朝。

理由はひとつ、
Apple共同創業者で会長のSteve Jobs氏が米国時間10月5日、
56歳という若さで遂に力尽きてしまったから。

残念で寂しい朝。
死は誰にも平等にやってくるものですが、やはり慣れないし悲しい。

どうか安らかに。

http://www.apple.com/

321127_290091947670558_129109207102167_1263694_1715089438_n[1]

「ジョブスとクック」「井深と盛田」
革新的な企業というものはとても似ているものがある

スティーブジョブスはCEO(最高経営責任者件会長)という立ち位置ではあったが
事実上の経営はティムクック(ティモシーDクック)CEOであった

現実的にはジョブスは「クリエイター」であり「エンジニア」であった
そのジョブスが想像する「突飛な考え」をクックが支えている体制こそが
Appleの強さであったのだろう

そのような企業がもう一つある
日本が世界に誇る『SONY』だ

『井深大』と『盛田昭夫』
創業時から今までのAppleを見ていると
「技術の井深」「経営の盛田」の図式にとてもよく似ている
その頃のSOMYは

*トランジスタ
*ウォークマン

と革新的なアイディアで世界を席巻していった
他の追随を許さない新しいアイディアは「頭脳と経営」という二人三脚で行われていたのだろう
「井深/盛田体制」が崩れたSONYには過去のような「クリエイティブに溢れた製品」は出ていない

二人三脚の一人「天才:Steve Jobs」を失ったAPPLEはこれからどうなってゆくのか?
利益はあげてゆくだろうが、人々を「わくわくさせる製品」を世に出す事ができるか?
Jobsの精神が宿りそうあって欲しいが、難しいだろうと感じてしまうのは自分だけだろうか?
頑張れAPPLE! Jobsと共にあらんことを!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。